THE BEATLES / PARIS LEFT BREATHLESS 【3CD+2DVD】

THE BEATLES / PARIS LEFT BREATHLESS 【3CD+2DVD】

販売価格: 14,000円(税込)

在庫あり
数量:
■ライヴ・クロニクル・シリーズのスペシャル・エディション。
■かつてないクオリティの音源と映像。
■豪華スリップケース仕様

マニア必携Mクローデル・レーベルの最新作にして2010年の夏に投入するスペシャル・エディション! いにしえのブート時代から「名演」と誉れの高かった1965年フランス公演のセットが、満を持して遂にライブ・クロニクル・シリーズからリリースされることとなりました。

ビートルズの1965年フランス公演は、イタリア、スペインを含む14日間のヨーロッパ・ツアーの一環として、6月20日のパリ公演(昼夜2公演)、22日のリヨン公演(昼夜2公演)、30日のニース公演と計5回のステージが行われています。5月に映画「Help!」の撮影を終えたビートルズは、MBE勲章の受賞決定、ジョンの二作目となる著書の発表、名曲"Yesterday"のレコーディング…と、充実した活動を行っていた時期で、半年ぶりとなるこのツアーは、前年よりセットリストが刷新され、意気揚々とスタートしたターニング・ポイントでした。
特に初日のパリ公演は、昼夜2公演ともTV・ラジオ局の収録があったため、良好な映像・音源が残されていることで知られています。(昼の部がラジオ収録、夜の部がラジオ・TV収録とされている)。ビートルズの演奏も素晴らしく、この2公演は、音質・内容のどちらも優れた名音源として古くから知られていました。今回のリリースはそのフランスはパリ公演初日昼夜2公演分を、CD3枚、DVD2枚の計5枚というボリュームで、これにより、既に出回っていたもの、今回新たに発掘されたものを含め、1965年フランス公演に関するマテリアルを全て最良の状態で網羅、揃えることができるようになっています。メインとなる、6月20日パリ公演・夜の部の映像は、今まで見たことのないようなクオリティ、これまで視聴できたものよりも格段に画質が向上しており、これだけでも十分に見応えがあるものになっています。またパリ公演の映像はこれまでどのタイトルに於いても曲順がバラバラだったり、映像と音が微妙にズレていたりと何かと持病のあるものが収録されていましたが、今回そういった問題箇所は大幅に改善されており、異なる複数バージョンを収録することにより、漏れなく完璧なコレクションが出来る仕様となっています。

それではまず音源から紹介しましょう。
CDディスク1は、パリ公演昼の部の音源を2バージョン収録しています。最初のバージョンは「On Line」とされ、サウンドボード録音の、音質良好な音源。このバージョンは、ミックスが比較的オンマイクになっていますが、出回った当初からピッチが遅くて位相が不安定という持病があり、どのタイトルにおいてもなかなか改善されないままでしたが、今回ピッチは完璧に改善されており、位相ズレも目立ちにくく補正されています。もちろん曲目は演奏順で収録。ただし全曲収録しているものの、随所でマスターに起因するカットがあります。後半のバージョンは「Off Air」とされ、これは当時ラジオで生中継されたものをエアチェックした音源。AM放送特有の狭い周波数帯域のために音質があまり良くありませんが、生放送だけあってカットが少なく、結果的にこれが最も長い音源となっています。この音源も出回った当初からピッチに問題があり、全体的に全音以上遅くなってしまっているものも多かったのですが、ここでもピッチは調整は完璧に改善されています。

CDディスク2は、ディスク1同様パリ公演昼の部の音源を、更に異なる2バージョンで収録しています。前半のバージョンは「Radio Program」とされ、後日ラジオ番組で放送されたものを収録。ディスク1の「On Line」よりもさらに音質が良いものの、曲数が半数に減らされ、かつ欠落箇所が多数あります。特に"A Hard Day' Night"のエンディングが突如"Everybody's Trying To Be My Baby" のエンディングに繋げられているところは、フランスの放送局特有の楽曲を無視したかなり極端な編集といえます。「On Line」とはミックスが異なっており、ほとんどオーディエンス録音並みのオフマイクになる箇所もあれば、「On Line」よりもオンマイクになる箇所もあります。この音源は前座の演奏も抜粋で収録していて、中でもヤードバーズの演奏は、数少ないジェフ・ベック在籍時のライブ音源として、ヤードバーズファンにも古くから知られていたものです。

このように、ディスク1と、このディスク2の前半に収録されている、それぞれのバージョンは、どれも同じパリ公演昼の部を収録しているにも関わらず、音質や内容で一長一短、それぞれに特長があり、これといってひとつ選択することができません。そこでこのディスク2の後半には、以上「On Line」「Off Air」「Radio Program」の3バージョンから最良の部分を抽出し再構築、現在考えうる「最長バージョン」として収録しています。
パリ公演では観客のリアクションが良く、コンサートが進行するにつれて、ビートルズ側のテンションも上がっていっているのが分かります。特にリンゴが好演していて、この昼の部の「I Wanna Be Your Man」は間違いなくベスト・ライブ・テイクでしょう(1年後の日本公演と比べると雲泥の差です)。

 CDディスク3は、パリ公演夜の部と、初登場となるリヨン公演、ニース公演の音源や、ツアー中のインタビューなどを収録しています。まずパリ公演夜の部は、音源としては既に大変有名なもので、ここでも最高の音質で収録されています。ただし、この音源もピッチが僅かに遅いという持病と、曲順が実際の演奏順とは大幅に異なっていたり、"I Feel Fine"のみ昼の部の音源が流用されているものが多いという問題点がありました。ここではそれらの問題が改善され、「I Feel Fine」も本当の夜の部から良好な音質で収録しています。古くから名演として知られているだけあって内容は大変良く、ビートルズ自身が演奏を楽しんでいる様子が伝わってきます。特に「A Hard Day's Night」の前のジョンのMCと観客の盛り上がりは、ビートルズのコンサート史に残る名場面といえるでしょう。このパリの夜の部はリマスター・バージョンと、従来通りの曲順で音の質感も異なるステーション・アーカイヴ・バージョンの2バージョンを収録しています。
 続いて収録されている、22日のリヨン公演のものとされる音源は初登場なのですが、僅か8秒という驚愕的な短さで、楽曲として鑑賞できるようなものではなく、昼夜どちらの公演のものかも不明ですが、資料的な貴重度から収録しています。続く30日ニース公演の音源も初登場です。しかし残念ながらこちらもまた音質的に厳しい音源で、資料的意味合いが強いものです。

続いてDVDのディスク1です。こちらは今回最も驚きをもって迎え入れられるマテリアルといえます。何といっても画質が従来のものとは格段に向上しているスーパー・ハイ・クオリティなのです。パリ公演の映像といえば、全体的に緑がかり、縦横比が正確でなく横長で、しかも画質が不安定、曲順がバラバラ、映像と音が微妙にズレているなど、コンサート全曲収録ながらビートルズの定番映像としてはいまひとつポピュラリティを持ち得なかったは、これらの原因が理由ではないでしょうか。今回は驚きのクオリティ! このパリ公演夜の部の映像を、ディスク1には2バージョン、放送に基づくオリジナルの曲順のものと、実際の演奏順のものがそれぞれ収録されています。さらにワーキング・クリップとして、本編とは別ソースの2バージョンを断片ながら収録。

DVDのディスク2は、パリ公演のみならず、フランス公演全体に関する映像が収録されています。パリを訪れた際の空港の様子、ホテルの様子、ファンの様子など、当時の貴重なニュース・フィルムを収録しています。珍しいのは6月22日、パリの後に訪れたリオンでのニュース映像。空港やホテルはもちろん、サイレントながらステージの映像も収録されています。それ以外でも、「THE BEATLES MEET PARIS」と題された画質の良い再放送キネコ・バージョン、「BEATLES STORY」と題されたフランスのテレビ局制作のドキュメンタリー、パリでの映像がふんだんに使用されている「Baby It’s You」のプロモ・クリップ、ツアー開始2日前の1965年6月18日に収録された「Tonight」というテレビ番組(ジョンが2冊目の著書の朗読をしている)など、パリ公演に関する映像はこれ以上ないというくらい、集大成しています。

 Mクローデル・レーベルのライヴ・クロニクル・シリーズのスペシャル・エディションは、1965年フランス公演の集大成。音源も映像も複数バージョンをすべて収録し、特に映像のクオリティは今までのものを大きく凌駕するスーパー・クオリティ。もはやこれ以上のモノはないでしょう。美しいピクチャー・ディスク仕様の永久保存がっちりファクトリー・プレス盤。CD3枚とDVD2枚がそれぞれジュエル・ケースに入れられ、それらを収納するスリップ・ケース仕様。重厚感あるパッケージにCDラックに収納しても大きく存在感を放つ逸品となっています。どうぞ、これからもMクローデルのライヴ・クロニクル・シリーズをお楽しみにしていてください。

 サンプルを見たマニアの方が、「このパリ公演のセットはMクローデル・レーベルの最高傑作だ!」と感嘆していましたが、冬にリリース予定のハリウッド・ボウルは初登場映像を含むさらに凄い内容となる予定と聞いております。ここはチャップリンばりに、「Mクローデルレーベルの最高傑作は次回作である」としておきましょう(笑)。

PALAIS DES SPORTS PARIS FRANCE 20th JUNE 1965 afternoon show
DISC ONE
SOURCE A - “ON LINE”
01. Twist And Shout
02. She's A Woman
03. I'm Loser
04. Can't Buy Me Love
05. Baby's In Black
06. I Wanna Be Your Man
07. A Hard Day's Night
08. Everybody's Trying To Be My Baby
09. Rock And Roll Music
10. I Feel Fine
11. Ticket To Ride
12. Long Tall Sally

SOURCE B - “OFF AIR”
13. tuning
14. Twist And Shout
15. She's A Woman
16. I'm Loser
17. Can't Buy Me Love
18. Baby's In Black
19. I Wanna Be Your Man
20. A Hard Day's Night
21. Everybody's Trying To Be My Baby
22. Rock And Roll Music
23. I Feel Fine
24. Ticket To Ride
25. Long Tall Sally

DISC TWO
SOURCE C - “RADIO PROGRAM”
OPENING ACTS
01. I'm Alright (Les Pollux)
02. Memphis Tennessee (Evy)
03. Joy, Joy, Joy (Moustique)
04. Les Copains D'Abord (Les Haricots Rouges)
05. I Wish You Would (Yardbirds)

THE BEATLES
06. I'm A Loser
07. Can't Buy Me Love
08. I Wanna Be Your Man
09. A Hard Day's Night
10. Rock And Roll Music
11. I Feel Fine
12. Ticket To Ride
13. Long Tall Sally

SOURCE A+B+C
14. introduction
15. Twist And Shout
16. She's A Woman
17. I'm A Loser
18. Can't Buy Me Love
19. Baby's In Black
20. I Wanna Be Your Man 21. A Hard Day's Night
22. Everybody's Trying To Be My Baby
23. Rock And Roll Music
24. I Feel Fine
25. Ticket To Ride
26. Long Tall Sally

PALAIS DES SPORTS PARIS FRANCE 20th JUNE 1965 evening show & more!
DISC THREE
REMASTERED SOURCE
01. Twist And Shout
02. She's A Woman
03. I’m A Loser
04. Can't Buy Me Love
05. Baby’s In Black
06. I Wanna Be Your Man
07. A Hard Day's Night
08. Everybody's Trying To Be My Baby
09. Rock And Roll Music
10. I Feel Fine
11. Ticket To Ride
12. Long Tall Sally

STATION ARCHIVE SOURCE
13. Twist And Shout
14. She's A Woman
15. Ticket To Ride
16. Can't Buy Me Love
17. I’m A Loser
18. I Wanna Be Your Man
19. A Hard Day's Night
20. Baby’s In Black
21. Rock And Roll Music
22. Everybody's Trying To Be My Baby
23. Long Tall Sally
24. I Feel Fine

PALAIS D’HIVER, LYON FRANCE 22nd June 1965
25. Long Tall Sally

PALAIS DES FETES NICE FRANCE 30th June 1965
26. She’s A Woman - Can’t Buy Me Love - A Hard Day’s Night - Long Tall Sally

INTERVIEWS
27. JUNE 1965
28. 21st June 1965 In A Car
29. 21st June 1965 At The Hotel
30. 21st June 1965 Fans Reactions

DVD DISC ONE
"LES BEATLES"
PALAIS DES SPORTS PARIS FRANCE 20th June 1965 EVENING SHOW
Digital Remaster
01. introductions
02. opening
03. Twist And Shout
04. She's A Woman
05. Ticket To Ride
06. Can't Buy Me Love
07. I'm A Loser
08. I Wanna Be Your Man
09. A Hard Day's Night
10. Baby's In Black
11. Rock And Roll Music
12. Everybody's Trying To Be My Baby
13. Long Tall Sally
14. I Feel Fine

Digital Remaster In Order
01. introductions
02. opening
03. Twist And Shout
04. She's A Woman
05. I'm A Loser
06. Can't Buy Me Love
07. Baby's In Black
08. I Wanna Be Your Man
09. A Hard Day's Night
10. Everybody's Trying To Be My Baby
11. Rock And Roll Music
12. I Feel Fine
13. Ticket To Ride
14. Long Tall Sally

Broadcast Version
01. opening
02. Twist And Shout
03. She's A Woman
04. Ticket To Ride
05. Can't Buy Me Love
06. I'm A Loser
07. I Wanna Be Your Man
08. A Hard Day's Night
09. Baby's In Black
10. Rock And Roll Music
11. Everybody's Trying To Be My Baby
12. Long Tall Sally

Working Clip #1
01. I'm A Loser
02. Everybody's Trying To Be My Baby

Working Clip #2
01. Rock And Roll Music
02. Can't Buy Me Love
03. Baby's In Black
04. A Hard Day's Night
05. I'm A Loser
06. Long Tall Sally

DVD DISC TWO
01. NEWS FILM #1 20th June, 1965 PARIS
02. NEWS FILM #2 22nd June, 1965 LYON
03. "LES BEATLES" STATION ARCHIVE VERSION
04. "THE BEATLES MEET PARIS" RE-BROADCAST KINECO VERSION
05. "BEATLES STORY" FRENCH TV DOCUMENTARY
06. "BABY IT'S YOU" PROMOTION CLIP
07. "TONIGHT" 18th June, 1965
THE BEATLES / PARIS LEFT BREATHLESS 【3CD+2DVD】

販売価格: 14,000円(税込)

在庫あり
数量: