MOTT THE HOOPLE ORPHEUM THEATER BOSTON 1973 【CD】

MOTT THE HOOPLE ORPHEUM THEATER BOSTON 1973 【CD】

販売価格: 3,300円(税込)

在庫あり
数量:
モット・ザ・フープルのデビューは1969年まで遡る。破壊的なライブが評判となっており、一部のカルト的なファンがついていたものの、レコード・セールスといった点において商業的な成功を収められず、1972年に一度は解散が決定される。しかしその報を聞きつけたデヴィッド・ボウイが、楽曲の提供とプロデュースを申し出、バンドは継続されることになった。その結果「すべての若き野郎ども」という最大のヒット曲が生まれ、バンドは再浮上を目指すことになる。しかし、その後もバンドはメンバーの脱退と加入を繰り返し、安定することはなかった。

1973年に入りすぐにヴァーデン・アレンが脱退、後任がすぐに決まらず4人での活動を余儀なくされる。続いてミック・ラルフスがバンドを脱退しバッド・カンパニーを結成。さすがにギタリスト不在ではバンドは成り立たず、その後釜としてルーサー・グロヴナーが加入、さらにアレンの代わりにモーガン・フィッシャーとミック・ボルトンが加入し、バンドはようやく5人編成となった。ちなみにモーガン・フィッシャーは2019年現在日本に住んでいる。しかし翌年にはミック・ボルトンとルーサー・グロヴナー、そしてイアン・ハンターまでもが脱退するに至り、1974年には遂に解散に追い込まれてしまう。その後も残ったメンバーがバンド名を変えて継続していたものの、MOTT THE HOOPLEとしての活動は事実上1974年で幕を閉じる。

本作は、そのけして長いとはいえない活動期間でありながら、グラムロックの歴史に名を大きく刻んでいるモット・ザ・フープルの1973年10月27日ボストンでのライブを高音質で完全収録したタイトルである。

Orpheum Theater Boston MA U.S.A. October 27, 1973
01. Jupiter
02. Driving Sister
03. Sucker
04. Sweet Jane
05. Hymn For The Dudes
06. All The Way From Memphis
07. Sweet Angeline
08. Rose
09. All The Young Dudes
10. Jerkin' Crocus
11. One Of The Boys
12. Rock And Roll Queen
13. Get Back - Whole Lotta Shaking Going On - Violence
14. Rock And Roll Queen
15. Walking With A Mountain
16. Closing Announcement - Jupiter
MOTT THE HOOPLE ORPHEUM THEATER BOSTON 1973 【CD】

販売価格: 3,300円(税込)

在庫あり
数量: